実践性ボルダリング試論

理論派脳筋在宅系クライマーのタワゴト

【シューズレビュー】2足目:Sportiva ソリューションリブート

はい。マイ・シューズ遍歴2足目にして挑戦しました。ソリューション。

f:id:warpusk:20190717212120j:image

旧モデルは野口啓代選手の愛用シューズと知られ、ニューモデルとなった今もハイアングル、ドラゴ、フューチュラ、VSRと並び、いやそれらを抑え、言い訳が許されない強者の代名詞となっているシューズです。

 

そしておれはサイズ選びを決定的に間違えました

ていうか、よく分かってしませんでした。

 

まず、おれの足のスペックは以下の通り。

  • サイズ:23.7cm
  • ワイズ:標準~気持ち狭め
  • かかと:若干低め
  • 足の甲:若干高め
  • 足の型:ギリシャ

 

足型除けば基本的に日本人的な足だと思います。この間カラファテで初めて測ってもらいました。スポルティバでいうとメーカー推奨サイズはEU3636ハーフ。

そしておれが買ったソリューションのサイズはといえばEU39ハーフ。

もう、今にして思えばアホじゃねーか! としか言いようがないですね……

 

言い訳するとソリューションを買う前に旧5.10の在庫処分セールでハイアングルを試着もせずにネットで買って激痛に苛まれ結局一度も実戦投入できなかったこと、骨折明けでテンションがおかしくなっていたこと、初めてのダウントゥで失敗したくなかったこと、何よりクライミングシューズのサイズ感がまっっったく分かっていなかったこと、いろんな理由があると思います。

 

初シューズであるEU39のフィナーレでも初めのころは多少足が痛くなって、「これがクライミングシューズか!」なんて思ったものですが、全然入り口にも立てていない状態でした。

んで日和に日和った結果、頭バグってんじゃねーかってくらいの、普通とは真逆のサイズ選びの失敗をしたわけです。

 

てわけでおれにソリューションのレビューはできません

できるのは「素人がイキって日和ってソリューションを買ったらこうなった! 頼むからみんなはおれと同じ過ちを犯さないでくれ!」という切なる祈りを捧げるくらいなもんです。

 

(一応)レビュー

相変わらず前置きが長いブログでスミマセン。

まぁ、せっかくなんで、強者のレビューはたくさんネットに転がっているので、素人がサイズ甘々なソリューションを履いての感想なんかをダラダラ述べてみたいと思います。

 

エッジングとか掻き込みとか

サイズ合ってないとか散々書きましたが、それでも買ったその日に、急傾斜でのソリューションはすげぇって思いました。荻パンの急傾斜(Rocklands正面)の4級で、それまで足が切れてピンチで剥がされちゃったところが、ソリューション買ったその日に足が残って完登できたんですから。

f:id:warpusk:20190717212139j:image

ソリューションの一番の特徴といえば鷲の嘴みたいなトゥですよね。素人ながらに感心したのがこの傾斜での足の切れなさが、ダウントゥと厚めのトゥラバーだけによって実現されているのではなく、アッパーやストラップの角度、場所によって効率的に力が伝達されるよう考慮されているという点でした。

よく「ソリューションはオートマ」なんて言いますが、その一端をうかがい知ることはできたかもしれない。

もちろんエッジには乗れるんですが、いかんせんコレばっかりはサイズが合ってなくてな……まともに評価できねぇや……

 

スメア

スメアも悪くないです。厚めのトゥですがソールはビブラムのXS Grip2なのでフリクション、柔軟性ともに問題なし。むしろおれの場合サイズが大きめなのでシューズのクリアランスが大きく、柔らかさのポテンシャルが際立ったかも。

もちろんトゥはアーチを描いて深くなっているのでボテに足を平置きするような場面では、マーヴェリンクとかには敵いません。あとは壁に対して正面からシューズを押し付けたり(まぶし壁の垂壁でよくやらされるキャンパ的なムーブ)、ホールドがないところにステミングするのとかはちょっと厳しいかも。多少柔らかく仕上がってはいるものの、シャンクなんか剛性も重視していると思われますので。まぁこの辺はシューズのコンセプトの違いでしかないですけどね。

 

ヒール

独特です。合う人、合わない人、おれの周りでもハッキリ別れてます。

f:id:warpusk:20190717212200j:image

ある意味ソリューションの中で一番特徴的なパーツなんじゃあないかってくらい。ソリューションのヒールは一体形成のカップなのですが、この剛性が非常に高い。触るとツルツルするわりに案外ボテにもジブスにも掛かってくれる。てわけで、結構適当にかけても勝手に点で保持してくれます。これもオートマの所以かもしれない。

ただそれは甘いヒールの話。手にヒーして、壁から重心を離せない、体重の80%は片方のヒールに掛かってジリジリと次の手を伸ばさなければならない……なんてシビアな場面ではサイズ選びをミスったことを本当に後悔させられます。

剛性があるってことはヒールカップと踵の隙間が埋まりづらいってこと。それはパワーがヒールに、ホールドに正しく伝達しないってことです。体重を掛けようにもかからない、グラグラと揺れてホールドからすっぽ抜ける……ソリューションを悪くいうつもりは一切ありませんが、何度コレで完登を逃したか。

てわけで、ソリューションを買うなら、つま先よりまずヒールが合うかを確かめるべきだと思います。

 

そのほか

サイズ甘いんで足入れは問題ないです。多分ラスト(木型)的にも極端にワイズが狭く仕上がっているとかはないんじゃないかな。

ただやっぱりストラップは不安。そんなに回数は履いてないのですが、金具に当たるところは結構ボロボロになってきたり……(写真で分かるかな)。リペア対応してくれるショップも少ないんですよね。

f:id:warpusk:20190717212211j:image

ただこれも、サイズ余るから無理やり強く締めていたことの弊害かもしれないから何とも言えないんですけど。

 

総括・2足目のシューズとしてのソリューション

総括っても性能全然発揮できてないんで言うこと・言えることはないんですが、ボルダリング経験が1年もなくて、2足目にソリューションを検討している人は少し注意した方が良いです。

ポテンシャル的にはやっぱりものすごいシューズだと思います。ただそのスペックを活かすには正しいサイズ選びが不可欠で、このサイズ選びも案外難しいんですよね。特にソリューションはヒールが独特なんのでヒールで合わせる必要があると思うし、個々の足型もあるから「ヒールがピッタリくるサイズだけどつま先はどうか? そのサイズ感を許容できるのか? そのサイズでパフォーマンスが発揮できるのか?(できなさそうなら別のシューズを検討した方が良いかもしれない)」っていう自問自答が不可欠なんだと思います。

この感覚、感性、そして想像力がシューズ選びにはきっと凄く大事で、まーおれもじゅうぶんに理解できてもないんで偉そうなことは言えないんですけど、ともかくそんな感じ。

いずれにしても、2足目のシューズを買うときはしっかり専門のショップで自分の足のサイズを測って、メーカーの推奨サイズと見比べて、っていう一つの基準から検討をした方が良いのは間違いありません。おれの場合それが4足目になってからでしたから、随分遠回りをしたもんだ……

 

はい。なんかソリューションのレビューっていう出発点から随分着地点がズレた気がしますが。脱ビギナーを目指す人(おれもその一人なんだけど)の参考に、少しでもなれば幸いです。

それじゃーまた。